賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

扉がはずれてしまった



お部屋の中には、玄関扉や部屋の仕切りだけではなく、トイレやクローゼット、キッチン収納にも扉があります。それぞれに大切な役割を担っている扉ですが、乱暴に扱ったり、長時間経過して古くなると、どうしても傷んでしまうことは仕方のないことです。アパート・賃貸マンションなどでは劣化しているものがないか契約時に確認をすることも大切です。ここでは、そんな扉が外れた場合の対処方法を紹介します。

引き戸の場合

引き戸の場合

引き戸タイプは、部屋と部屋を仕切るために用いられているケースが多いでしょう。道具を用いずにレールに嵌め込む形の設計が多いため、最もシンプルな形で外れてしまう扉と言えるかもしれません。レール上に障害物があったり、乱暴な開閉を行なってしまうと必然的に外れてしまうことがあります。その際は、適宜対応すれば良いのですが、場合によっては、レール自体の損傷も考えられますので、この場合はメンテナンス会社に相談するのが適切でしょう。

また、戸車を使用している引き戸もあり、これは経年劣化などで十分な高さを保てなくなり、レールから外れやすくなってしまうこともあり得ます。この場合は、ドライバーを使って戸車を外し、合板を差し込むなどで対応することができます。ただ、戸車に損傷が見られる場合は、早めに部品交換を行ない、トラブルを未然に防ぐように心がけましょう。

開き戸の場合

開き戸の場合

開き戸は、一枚の扉を開閉する仕組みになっていますが、扉が外れるケースはそれ程多くないと思います。ただし、もし外れてしまった場合は、扉と枠を固定している「蝶つがい」が損傷していると考えられます。完全に折れ曲がっている場合は、部品の交換が必要となりますので、ドライバーを使って入れ替えることになります。蝶つがいはホームセンターなどで様々な種類が販売されていますので、型番などをチェックし、同じものを購入するか、不動産会社などを通じて業者に連絡をしましょう。

キャビネット扉の場合

キャビネット扉の場合

化粧台やキッチンの収納、クローゼットなどでよく使用されているのがキャビネット扉です。2枚の扉の内側から開閉するように設計されていますが、基本的な構造としては蝶つがいを使用してスムーズな開閉ができるようになっています。蝶つがいは、扉の心臓に当たる部品ですので、ここが消耗してしまうと扉が外れやすくなり、その役割を果たすことができなくなります。いわゆる「ガタが来た」という状態ですので、この場合は、蝶つがいを付け替えるなどの作業が必要になります。蝶つがいには扉が外れないようにするための固定ネジと、開閉がスムーズに行なわれるようにするための調節ネジが設置されており、固定ネジはしっかりと回して扉が外れないようにすることが大切です。その上で、調節ネジを使って扉の開閉のスムーズさを確認するようにしましょう。

ページトップへ