賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

結露がひどい



冬場に、外と部屋の温度差から窓などに水滴が付くことを「結露」と言います。アパート・賃貸マンションに住んでいて結露に悩まされたことはないでしょうか。ここでは、その結露がどのような悪影響を及ぼすのか、また、発生する原因と対策について説明します。

結露は人の天敵

結露は人の天敵

結露は窓だけに付くものと思いこんでいる人はいないでしょうか。実際は、床や壁など、部屋のいたるところに現れます。結露は水分ですので、放置しておくことでカビを発生させる大きな要因となり、健康面に悪影響を及ぼすことになります。子供に限らず大人でも引き起こす「ぜんそく」は、このカビに起因するとも言われており、部屋の中にカビを放置しておくことは、日々の生活にリスクをもたらすと言っても過言ではないでしょう。さらに、木造建築に限らず、部屋の中には押入れなど木で設計された箇所がいくつかありますので、結露がしみ込むことにより、傷みやすくなってしまうこともあります。

なぜ結露は発生するのか

なぜ結露は発生するのか

結露の正体は水蒸気ですが、この水蒸気が急激に冷たいものに触れることで水滴に変わります。それが人の目に確認できるようになった現象が結露というもので、外気温と部屋の温度差が大きく異なる冬に発生しやすくなります。冬場は室内で暖房を使用するため、水蒸気の発生を促すことになります。外気温にさらされた窓は温度が下がり、部屋の中で発生した水蒸気が窓に触れ、結露が付くことになります。

壁や床は、外気温にさらされている窓程冷やされることは少ないですが、暖房していない部屋を中心に温度自体は下がりますので結露が付きやすくなるのです。

結露への対策

結露への対策

結露は部屋の中で発生した水蒸気が原因となりますので、何よりも「換気」を良くして水蒸気を外に逃がすことが一番の対策になります。暖房を使用していなくても、お風呂に入ったり、料理を作ったり、さらには人の体からも発生するのが水蒸気の特性です。部屋を閉め切った状態にしていると、水蒸気は長く部屋の中に滞留し、押し入れや使用していない箇所の温度の低いところで結露に姿を変えてしまいます。水蒸気が結露に変わることを防ぐには、部屋のすみずみまで温めることも大切ですが、暖房にかかる電気代を考慮すれば難しいのが現実でしょう。ですから、お風呂や台所を使用するときには、換気扇を必ず回すように心がけ、定期的に窓を開けて空気の循環をしながら水蒸気を排除していくことが必要です。

ページトップへ