賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

賃貸借契約時に関するトラブル



アパート・賃貸マンションを契約する際には、不動産仲介業者の担当者が契約に関する「重要事項説明」を行なうことになっています。賃貸借契約書には言葉どおり「重要事項」が記載されている訳ですから、しっかりと理解することが重要です。ここでは、賃貸借契約に関して特に注意するべきポイントを見ていきましょう。

賃貸借契約書を入念に確認する

賃貸借契約書を入念に確認する

契約書には様々な事柄が記載されています。契約期間や更新料、家賃や退去時の引渡し方法などなど、オーナーと借主の間で取り交わされるものですから、賃貸生活におけるすべての基本になります。ここに見解の相違が生まれればトラブルのもとになってしまいます。ですから、賃貸借契約書の内容をしっかりと把握することが大切です。

契約期間・更新料の確認
契約期間はどのように設定されているかを確認しましょう。1年契約という形式であるなら、2年目に入る際に更新料が必要なのか、また、更新料はいくらかかるのか、細かいところまで記載されていますので、しっかりと理解することが必要です。もし、納得できなければ、明快な答えを得られるまで質問しましょう。
家賃・管理費
毎月支払うことになるお金ですが、家賃だけなのか、エレベーターの共用部や管理人の人件費を含めた管理費(共益費)が別になっているのかを第一に確認するようにしましょう。また、支払い方法や支払い期日、家賃の延滞と延滞率なども明記されています。お金にまつわることは賃貸トラブルの最大の要因ですので、見逃しのないよう注意しましょう。
敷金
退去時の原状回復のための費用として契約時に支払いますが、賃貸借契約において、最もトラブルが起こりやすいのは退去時です。"原状回復"というのは文字通り、入居前の状態に戻してオーナーに明け渡すという意味合いですが、借りていた人が壁や床に傷を付けた場合もあれば、経年劣化で様々な箇所が痛むことも当然あります。原状回復を行なうために、どの程度、負担しなければいけないのかを曖昧にしてしまうと、トラブルの大きな要因となりますので、しっかりと確認を取るようにしましょう。
その他
アパート・賃貸マンションの場合、隣にどんな人が住んでいるのかなど、実際に暮らしてみてから気づくことも多いのが現実です。ですから、子供やペットとの同居は許されているのかなど、気になったことは必ず契約の前段階に確認を取るようにしなければなりません。「こんな当たり前のことを聞いたらバカにされるかも」とネガティブに考える必要はありませんし、それを怠ることで、後々のトラブルの要因になってしまいます。快適な日常生活を送るためにも、疑問点を洗い出し、細かな事柄までどんどん説明を求めることが大切になるでしょう。
ページトップへ