賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

賃貸退去時に関するトラブル



新しいお部屋に引越しすることになれば、それまで住んでいた部屋を明け渡すことになる訳ですが、賃貸借契約におけるトラブルは、この退去時に最も多く発生します。それは、借りていた賃貸住宅の「原状回復」に関するお金の問題です。

原状回復とは

原状回復とは

そもそも"原状回復"には定義があるのでしょうか。何をしてしまった場合に借主の負担となるのか、分かりにくいのが実際でしょう。一般的には、部屋を通常使用したことで発生した消耗・損耗などはオーナー側が修繕することになりますが、そこに過失や事故が認められる損耗に関しては、借主が賃貸借契約時に支払った敷金から修繕費用が天引きされることになっています。また、敷金だけでは補えないと判断された大きな損傷の場合は、プラスアルファの費用を求められる場合があります。

さらに、借主に求められているものに「善管注意義務」というものがあります。これは、自然発生的な損耗は部屋に長く住めば住む程発生しやすくなりますが、その損耗を放置することで被害を増大させてしまった場合、借主側に責任が及び、「善管注意義務に違反した」として修繕費を負担しなければならなくなるのです。

善管注意義務とトラブルの要因~結露を事例に説明~

善管注意義務とトラブルの要因~結露を事例に説明~

善管注意義務に違反したかどうかは、オーナー側が明け渡された部屋をチェックすることで判断することになるのですが、このときにトラブルが発生しやすくなります。

例えば、部屋の中に発生する結露があります。これは、部屋の内外温度差の違いから発生するものですから、自然発生的に生じるトラブルと言えるでしょう。ただし、結露が発生することを予防し、なおかつ、押し入れや壁、床などに発生した場合は、それを"借主の責任において除去しなければならない"としたものが善管注意義務ということになります。借主側にすれば、過失・事故ではなく、あくまで通常使用をしており、さらに、結露が発生した場合は、それを除去するように務めていたと主張することもできます。しかし、それが事実だとしても、明確な証拠として提示することはなかなか難しいのが実情で、それぞれの主張が食い違ってしまう結果につながりやすいのです。

退去時のトラブル回避方法

退去時のトラブル回避方法

退去時のトラブルを避けるためには、契約時点で"原状回復"の責任の所在をはっきりさせておくことが大切になるでしょう。どうしても明確にし切れない面があるのは確かですが、2012年2月に国土交通省が発表した「賃貸住宅標準契約書」というものがあり、ここには原状回復の責任の所在をはっきりさせるように明記されています。これをひとつの参考資料として捉え、入居前から退去時のことを想定した疑問点を具体的にイメージすることが必要になります。その上で、賃貸借契約を結ぶ前にはオーナー側と入念な話合いを行ない、お互いに納得できる形で賃貸借契約を結ぶように心がけたいものです。

ページトップへ