賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

引越しに関するトラブル



契約期間を終え賃貸住宅から引越しをしようと考えたとき、専門業者に依頼して荷物を運ぶことが多いと思います。その際、どんなトラブルが発生しやすいのでしょうか。専門業者は荷物をトラックに積んで運びますが、このときに、荷台の上で荷物に傷が付いてしまったり、破損してしまう可能性はありますし、細かな荷物であれば紛失してしまうことも有り得ます。また、費用面のトラブルも往々にして起こるもの。ここでは、引越しの際に起こりやすいトラブルを取り上げ、注意すべきポイントをご紹介します。

悪質な引越業者

悪質な引越業者

荷物の運搬を依頼する際、複数の引越業者から見積もりを取って、リーズナブルかつ、安全・丁寧な仕事をしてくれる最もコストパフォーマンスの良い業者を見付け出すことが一般的です。ただし、引越しを請け負う業者は数多くあり、 最も適切な業者を見付けることは、なかなか難しいでしょう。

引越しの場合は特に、金銭面でのトラブルが発生しやすいです。あらかじめ費用を算出していたにもかかわらず、荷物を運搬したあとに、業者側が"想定を超える荷物の量だった""コワレモノが多く通常よりも時間や手間を必要とした"など、当初の費用にプラスして料金を請求するケースがあります。引越しをするときには、できるだけ費用をかけずに行ないたいというのが本音だと思いますが、"安さ"にばかり目を向けてしまうと無用なトラブルを発生させやすくなってしまいます。引越業者選びには妥協は一切してはいけません。国土交通省が認可している引越業者が存在しますので、ここを基準に業者選びを進めるようにしましょう。

荷物の損傷・紛失

荷物の損傷・紛失

トラックに荷物を積んで運びますので、荷台が揺れることで「机に傷が付いた」「パソコンのデータがなくなった」などの破損が発生しやすいと言えますし、小分けされた荷物は相当な量があるので、紛失してしまう恐れもあります。そうした事態が発生したときにトラブルに発展します。そこでまず確認したいのが、「保険」になります。引越しの荷物には保険がかけられており、それは契約書に記載されています。引越しを発注する前段階でしっかりと契約内容をチェックしておき、業者との間で共通理解を整えておくことが大切になります。ただし、"荷物の損傷が引越業者によるものなのか"を明確に示すことが難しいケースにトラブルが起こりやすいです。引越前から付いていた傷なのか、引越しの際の業者側の不手際が要因なのかは、時間が経てば経つ程難しくなっていきますので、荷物を運び終わった段階で運んだ荷物はすべて整っているのかを確認することが賢明だと言えるでしょう。もし、傷や紛失など荷物の異常を見付けたら、その場で引越業者のスタッフにしっかりと伝えることも大切です。

業者との話し合いで解決できないとき

業者との話し合いで解決できないとき

お互いの主張が食い違い、話が平行線をたどってしまう場合は、国民生活センターや消費生活センターに相談するのが得策です。引越しに関するトラブルは多く発生していますので、同様の事例における対処方法をアドバイスしてもらうなど、第3者を活用することも念頭に置いておくと良いでしょう。

詳しくは「これで安心!賃貸引越マニュアル」をご覧下さい。

ページトップへ