賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

騒音トラブル



日々の暮らしの中で、最も悩まされることが「騒音」かもしれません。アパート・賃貸マンションに暮らしている場合、騒音は、隣や上階から聞こえてくるケースもあれば、外から聞こえてくる場合もあります。自発的ではない外部からの音が聞こえてくるのは避けられないことかもしれませんが、それを聞いた人が不快に感じれば、立派な騒音になってしまうのです。ここでは、そんな騒音のトラブルと対処方法を紹介します。

近隣の騒音

近隣の騒音

騒音トラブルの多くは、近隣住民が発生する音に起因します。隣の部屋から人やテレビの音が聞こえたり、壁をコンコンと叩く、床をドスンドスンと歩く、小さい子供やペットを飼っていれば泣き声なども聞こえてくるでしょう。上階からは床を踏み鳴らす音が聞こえてくるかもしれませんし、夜、寝床につくと下の階から大音量のテレビの音が聞こえてくるかもしれません。聞こえてくる音が、いつ何時、騒音トラブルに発展してしまうかは分かりません。そういったトラブルに巻き込まれないようにするにはどうすれば良いのでしょうか。ここではその対処方法を紹介します。

下見、聞き取りを綿密に行なう
最初に心掛けるべきなのが、部屋を借りるときに隣や上階にどんな人が住んでいるのかを把握することです。実際に会って話をすることは難しいですので、部屋を紹介してくれる仲介業者や管理人に具体的に話を聞くようにしなければなりません。引越しが完了してから「騒音がひどい」ことを認識することになれば、トラブルに発展しやすいと言えますので、あらかじめ周辺環境を把握しておくべきでしょう。また、壁はどんな材質で作られており、音がどのように伝わってくるのかなど、部屋の下見を行なう際には、間取りなどと同様に、注意して確認するようにしましょう。
管理会社など第3者を間に入れる
騒音がひどい場合、隣人に注意をするために直接訪問することは避けるのが賢明でしょう。「音がうるさい」と抗議しても、「そちらも大きな音を立てている」など、お互いに感情的になりやすく、無理問答のような会話が続いて収集のつかないレベルに達してしまうことも想定されます。ですから、騒音に対する抗議は、管理会社に相談し、解決へ向けて動いてもらうようにしましょう。議論の間に第3者を入れることで、お互いの言い分をうまく落ち着かせていくことも大切になります。ただし、夜中などの非常識な時間帯に騒音が聞こえてきたり、緊急性を要するケースであれば、警察に相談することも必要になるでしょう。

屋外からの騒音

屋外からの騒音

近くで鉄道が通っていたり、大きな幹線道路や高速道路があれば、ある程度の騒音を覚悟すべきでしょう。ですから、お部屋を下見するときから注意をし、賃貸借契約を交わすまでにしっかりと確認する必要があります。日中は他の日常音があるので気にならない場合もありますが、深夜になると車の音などは大きく感じることも、念頭に置いておきましょう。また、繁華街近くのお部屋を契約した場合は、近くの飲食店やコンビニから大きな声が聞こえてきたら、部屋の管理会社や警察に相談するようにしましょう。

ページトップへ