賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

共有部に関する賃貸トラブル



アパート・賃貸マンションには、多くの共有部があります。壁や通路もあれば、駐車場や駐輪場、エレベーターなどもそうですし、ベランダも各戸に占有使用権が与えられていますが、共有部です。共有部は、各戸に住んでいる人たちが共同し使用するものになりますので、それぞれが自覚をもって保全・維持に務めなければいけません。ここでは、トラブルが起きやすい箇所と、具体的な対処法を紹介します。

ベランダ

ベランダ

ベランダやテラスは部屋の一部と認識している人は多いと思いますが、ここは共有部となります。その理由は、ベランダやテラスが火災や地震などの災害が起こった際の避難経路として考えられているからです。居住者には占有使用権が与えられ、洗濯などの使用において制限はないのですが、仮に避難経路として想定される箇所に大型の椅子や鉢植えを設置した場合、管理会社などから撤去を求められることもあります。また、景観を重視した賃貸物件の場合、「コンセプトにそぐわない」と指摘されたものを置くことは禁止しているケースもあります。賃貸住宅それぞれにベランダ(テラス)を使用するための規則が設けられていますので、快適な暮らしを行なうためにも、しっかりと理解しておくことが大切です。

廊下や庭など

廊下や庭など

アパート・賃貸マンションの場合、小さな子供が廊下などで無邪気に遊ぶことも考えられます。許容範囲であれば温かく見守るのも周辺住民の役割かもしれませんが、廊下や庭は列記とした共有部です。廊下に落書きをしたり汚したりする行為は通常禁止されていますので、そういう行為を見かけた場合、まずは管理会社に連絡するのが適切でしょう。また、廊下などに自転車やベビーカーを置くことも同様です。管理会社(オーナー)には、住人の生活を守る義務が課せられており、張り紙などで注意を喚起するなど、何らかの手を打ってくれるはずです。

エレベーター

エレベーター

エレベーターを設置している賃貸マンションは多く、その利便性は上階の人程得られるものでしょう。ただ、エレベーターは、当然ながら機械であり、使用するたびに作動音が響くことになります。夜間の多くの家庭が寝静まった時間帯などに使用すれば、響き方は昼間の倍以上に感じられると言っても過言ではありません。防音設備が整っている場合を除けば騒音トラブルに発展する可能性もあります。部屋を借りる際には、そのマンションでのエレベーターの作動音がどの程度のものであり、音に対するマンション住人と管理会社の見解はどうなっているのか、あらかじめヒアリングしておくことが賢明となります。

ページトップへ