賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

ペットに関する賃貸トラブル



賃貸マンションでペットを飼うには、「ペット相談可」マンションに住むことになります。しかし、「ペット相談可」マンションであっても、ペットを飼っていない住人や、ペットが苦手という人も住んでいるため、ペットを飼うときは、近隣住民とトラブルにならないよう配慮が必要となります。

「ペット相談可」マンションを借りるときのトラブル

「ペット相談可」マンションを借りるときのトラブル

「ペット相談可」マンションは、文字通り"ペットを飼う相談ができるマンション"という意味ですから、どんなペットを飼っても大丈夫という訳ではありません。「小型犬のみ飼うことができる」「1頭だけ飼うことができる」などオーナーによって条件は様々なので、トラブルに発展しないよう契約の際に条件をしっかり確認するようにしましょう。

「ペット可賃貸物件の条件をチェック」

鳴き声などの騒音トラブル

鳴き声などの騒音トラブル

ペットに関するトラブルとして多いのが、鳴き声などによる騒音トラブルです。動物の苦手な人が住んでいる可能性もあるので、飼い主が外出している際のペット(犬など)の鳴き声などには注意が必要です。無駄吠えをさせないしつけも重要ですが、まずは引越した際に、「ペットがいるのでご迷惑をかけるかもしれない」ということを上下階、左右隣の住人に伝えることが大切でしょう。また、鳴き声だけでなく、住人に対する飛びかかりは、思いの他大事故になることがあるので、注意が必要です。

「近隣トラブルを未然に防ごう」

「留守中のトラブルもこれで改善」

衛生面など臭いのトラブル

衛生面など臭いのトラブル

騒音トラブルに次いで多いとされるのが、ペットに関する「衛生面」や「臭い」のトラブルです。ペットの排泄物を、そのまま放置してしまうなどの問題行動は起こさないようにしましょう。また、ペットを飼っていない人は、ペットの臭いに敏感なことを念頭におきながら、消臭スプレーや空気清浄機などで対策を取るようにしましょう。

「近隣トラブルを未然に防ごう」

ページトップへ