賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

女性の1人暮らしの賃貸トラブル



女性が1人暮らしを始める場合には、犯罪に巻き込まれないようしっかりと防犯対策をすることが大切です。賃貸のお部屋選びの際はもちろん、住み始めてからも注意すべき点がありますので防犯対策のポイントを把握しておきましょう。

建物の設備や環境を確認して、トラブルを回避する

建物の設備や環境を確認して、トラブルを回避する

女性の1人暮らしには犯罪やストーカー被害など、様々な危険が潜んでいます。トラブルに巻き込まれないためにも賃貸物件のお部屋だけでなく、建物や周辺の状況を把握することも防犯対策の第一歩です。お部屋探しをする際は、建物のエントランスはオートロックか、管理人が常駐しているか、監視カメラが複数設置されているかなど入念にチェックするように心がけましょう。

詳しくは「建物の設備や環境をチェック」

部屋の内部を確認して、トラブルを回避する

部屋の内部を確認して、トラブルを回避する

まずは、空き巣やストーカーなどの被害に遭わないために住居のカギについて知ることから始めましょう。ピッキング対策に効果のあるカギなのか、玄関ドアに対する防犯対策の方法があるかなどを検討しましょう。また、住み始めてからも窓やベランダにおける防犯対策を忘れてはいけません。

詳しくは「部屋の内部をチェック」

最寄駅や周辺の環境を確認して、トラブルを回避する

最寄駅や周辺の環境を確認して、トラブルを回避する

女性が賃貸のお部屋を探す際は、物件周りだけでなく、通勤・通学時の帰宅路に関しても注意が必要です。街灯のない夜道などは犯罪の発生率も高くなるためトラブルに巻き込まれる可能性が十分にあります。街灯の有無や街の特性、危険な場所がないかをしっかりと確認しておきましょう。

詳しくは「周辺環境のチェック」

学生の1人暮らしの場合よくあるトラブル

学生の1人暮らしの場合よくあるトラブル

学生の1人暮らしや初めての1人暮らしには、トラブルがつきものです。よくある「騒音トラブル」や「勧誘トラブル」などを未然に防ぐため入居する際には注意点をよく確認しておきましょう。

詳しくは「気を付けたいトラブルって?」

ページトップへ