賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

畳など和室のお手入れ



畳や襖(ふすま)、敷居などで構成された和室は、日本人にとって、毎日の暮らしに安らぎを届けてくれるものです。そんな落ち着いた時間を過ごすためにも、毎日のお手入れをきちんと行ないたいところです。ここでは、和室の畳などのお手入れ方法をご紹介します。

畳のお手入れ

畳のお手入れ

四季のある日本の気候にマッチした素材で作られたのが畳です。ただ、高温多湿の環境が長く続いてしまうと、畳にはカビが発生しやすくなってしまいます。日頃から、畳をキレイに使用することを意識すれば、快適な暮らしを得ることにつながるでしょう。

掃除機は畳の目に沿って
掃除機を使用することは問題ありませんが、あまり強く押し付けたりせず、掃除機の吸引力を利用しながらゴミを取り除くようにしましょう。ただし、この際に注意したいのは、掃除機を畳の目に沿ってかけるということです。畳の目を無視して掃除機をかけることは畳そのものを傷付けることにつながってしまいますので、十分配慮するようにして下さい。また、掃除機では取りきれない隙間などに入り込んだゴミなどは、ぞうきんで乾拭きするようにします。もし水拭きが必要な場合でも、十分に固く絞ったぞうきんを使用するようにしましょう。
カビ対策
畳は湿気を吸収することが特徴で、日頃の暮らしを見えないところで支えてくれる縁の下の力持ち的な存在です。ただ、梅雨時期などの湿度の高い時や、空気の入れ替えを十分に行なっていないとき、また、結露を十分に取り除いていないと、カビが発生する大きな要因になってしまいます。もし、カビが発生してしまった場合は、外気を部屋の中に取り込み、十分に乾燥させてから掃除機でゆっくりと吸い取るようにします。ただ、しつこいカビが発生してしまった際は、アルコールなどの薬品を使って畳にしみ込ませながらぞうきんで優しくぬぐうことが必要になります。いずれにせよ、日頃から換気を良くすることを心がけ、カビの発生を抑えることが畳を長持ちさせる秘訣でしょう。

敷居のお手入れ

敷居のお手入れ

襖をスムーズに開閉するためには、日頃から敷居のお手入れをしておくことが大切です。一般的には掃除機を使ってゴミやホコリを取り除くようにしますが、しつこい汚れなどがあれば、ぞうきんを固く絞って拭くようにしましょう。このときに気を付けたいのは、敷居は木で作られているということです。水分を多く含んだぞうきんで拭いてしまうと、木にしみ込んだ水分が腐食などの被害を発生させてしまう恐れがありますので、十分に配慮しましょう。

押し入れのお手入れ

押し入れのお手入れ

押し入れのお手入れは、ついつい忘れがちになってしまうものではないでしょうか。日頃は布団を収納するためだけに使っている家庭が多いと思います。しかし、襖を閉めている時間が長いということは、密封性を高くすることになり、カビが発生しやすくなります。ですから、できるだけ換気を良くするように心がけたいところです。また、冬場はエアコンの熱が届きにくく、結露が発生しやすいという側面がありますので、できれば毎日換気を行なうようにしましょう。

ページトップへ