賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

キッチンのお手入れ



キッチンは料理を作る場所ですので、部屋の中でも汚れやすいエリアです。食材カスなどを放置したまま時間が経過すると、どんどん固くなってしまい落としにくくなります。基本的には、使用後すぐにお手入れを行なうことが大切ですし、それがキッチンをキレイに保つために必要になります。ここでは汚れが目立ちやすいシンクや排水溝、コンロのお手入れ方法を紹介します。

シンクのお手入れ

シンクのお手入れ

シンクは台所で最も使う場所です。食器を洗う際、シンクに落ちた食材カスなどを放置してしまうと、排水溝の詰まりや悪臭の原因になってしまいますので、できれば使用したあとすぐに掃除をするようにしましょう。水アカなどがこびり付くことで、くもりを発生させてしまうこともありますが、クリームクレンザーなどを使って掃除すると効果的です。また、シンクや壁をつないでいる隙間には、白色のシリコンシール剤が埋め込まれている場合がありますが、これは水が壁の内部に侵入しないようにするためのものです。水分が付着したり乾燥したりを繰り返すことで、黒ずんだカビを発生させることがあります。これを除去するためには、ぞうきんの先端などに弱アルカリ性の洗剤を付け、押し当てる要領で磨きましょう。

いずれにせよ、食材を扱うキッチンのお手入れは洗剤を使用することになりますので、よく磨いたあとは、しっかりと水拭きをして、最後に乾拭きを行なうように心がけて下さい。

排水溝のお手入れ

排水溝のお手入れ

食材カスや油などが詰まった排水溝は、悪臭を発生させることがあります。シンクと同様に、日頃からの掃除を徹底させることが大切でしょう。

まず、排水溝の中にあるバスケットをキレイにしましょう。バスケットは、食材カスなどが排水溝の奥に流れないように設置されているものですが、ここが詰まれば様々なトラブルの要因になります。中性洗剤などを染み込ませたスポンジで全体の汚れを落とし、網目に詰まった食材カスなどは、歯ブラシなどを使って取り除くと良いでしょう。食材カスは時間が経てば経つ程、固くこびり付いてしまいます。そうなると、汚れを落としにくくなりますので、早目に解決することが大切です。

コンロのお手入れ

コンロのお手入れ

コンロ周りはキッチンの中でも汚れが目立ちやすい箇所と言えるでしょう。コンロを使用した直後は、全体が温かくなっているため、汚れを落としやすい状態です。可能な限り、使用後に水拭きを行ない、最後に乾拭きすることをオススメします。

コンロの各器具は取り外して掃除することができますので、定期的に掃除をすることが大切です。バーナーは、歯ブラシを使って目の部分の詰まりを改善するようにし、中性洗剤をしみ込ませたスポンジなどで全体を磨くようにします。お鍋などを支えるための器具である五徳(ごとく)のお手入れは、重曹を入れた温水に五徳を浸してしばらく待ったあと、スポンジなどで磨いていきます。水で流したあとは、最後に乾拭きをしましょう。

ページトップへ