賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

お風呂、洗面台のお手入れ



お風呂場や洗面台は、毎日使用する水まわりですので、汚れやすい場所です。それだけに、最も大切なのは、使用後すぐにお手入れをすることです。ここでは、日頃のお手入れの方法や頑固な汚れやカビが発生した場合の対処法を紹介します。

使用後すぐに必要な対応

使用後すぐに必要な対応

洗面台やお風呂場の手入れで最も有効なのは、使用後すぐにキレイな状態にすることです。放置しておくと水アカとなって落としにくくなるので、洗面台などに付いた水滴は、乾いたぞうきんなどで残らず拭き取るようにしましょう。

水では落とせない汚れの場合

水では落とせない汚れの場合

お風呂場や洗面台は人の体に付着した汚れを落とす場所ですから、アカや石鹸などが付着しやすい環境です。これがこびり付いてしまうと、落とすために工夫が必要になるでしょう。一般的には、ぞうきんに中性洗剤を付け、汚れが付着した箇所を拭いていきます。この際、どうしても落ちない頑固な汚れがある場合は、市販されているクリームクレンザーを用いて、粘り強く磨くことが必要になります。クリームクレンザーには、台所用とお風呂場用がありますが、どちらを使用しても構いません。

カビが発生した場合

カビが発生した場合

カビは換気の悪い場所で発生しやすい特性があり、お風呂場はカビの繁殖しやすい環境です。タイルの継ぎ目やお風呂場の隅、水道栓の周囲など、カビは様々な場所に発生します。もしカビが発生してしまった場合は、市販されているカビ取り剤を使って除去するようにしましょう。カビが発生した箇所を中心にカビ取り剤を吹きかけ、そのままの状態で1時間を目安に放置し、最後はシャワーなどを用いてカビ取り剤を流すようにしましょう。それでも、落ちない場合はハブラシなどを使って磨いてみましょう。カビはちょっとした管理ミスで発生してしまうものです。日頃から換気を良くするなどして、発生を予防することも大切です。

ハブラシを効果的に使おう

ハブラシを効果的に使おう

カビや皮脂、歯磨き粉などの汚れは、様々な箇所に付きますので、細かい手入れが必要なことがあります。こうした際には、使い古した歯ブラシを利用するのが効果的です。洗面台であれば、水があふれないように取り付けられたオーバーフロー穴の内部の掃除に使えますし、お風呂場であれば、小さな排出口の掃除を行なうこともできます。ちょっとした身の回り品がお手入れに抜群の効果を発揮することがありますので、古くなった物でも捨てずに置いておくと良いでしょう。

ページトップへ