賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

トイレのお手入れ



トイレがキレイかどうかは、その家全体の印象を大きく左右すると言われますが、もしもトイレの汚れが目立っていたら、毎日の生活の気分が滅入ってしまうことも多いでしょう。快適な生活を送るためにも、トイレはこまめに掃除するようにしたいところです。ここでは、汚れが付きやすい便器、汚れに気付きにくい便座の裏側など、トイレのお手入れを行なう際に、注意したいポイントを紹介します。

便器のお手入れ

便器のお手入れ

便器はトイレで最も汚れやすい箇所になりますので、できれば、毎日1回は掃除をするようにしましょう。主に中性洗剤を使って便器を磨きますが、このとき、研磨剤が入った洗剤や強酸性・強アルカリ性の洗剤を使用すると、便器そのものを傷めてしまう恐れがありますので、避けた方が良いでしょう。お掃除の仕方としては、トイレ用として市販されているブラシに中性洗剤を付け、便器の内側や外側を磨いて下さい。ブラシが届きにくい便器のフチなどは、ハブラシなどに中性洗剤を付けて磨くようにします。磨き終われば、レバーを引いて水を流しましょう。

タンクのお手入れ

タンクのお手入れ

タンクは直接、手で触れない箇所ですが、衣服などから出たホコリや水のしぶき等が原因で汚れを発生させます。ですから、ぞうきんなどに中性洗剤を付けて水拭きするようにして下さい。この要領で、水道栓なども磨くと良いでしょう。水拭きが終わったあとは、しっかり絞ったぞうきんで全体を磨くようにして下さい。

温水洗浄便座・通常の便座のお手入れ

温水洗浄便座・通常の便座のお手入れ

便座の掃除で気を付けたいのは、裏側に汚れが付きやすいということです。便座の上げ下げをあまりしていない場合、裏側に付いた汚れに気付かないことがありますので、日頃からチェックし、毎日1回は使い捨ての掃除シートや、ぞうきんなどで軽く拭き掃除をするようにして下さい。ただ、汚れがこびり付き、水拭きでは除去しきれなくなった場合は、中性洗剤を使って洗い流すようにしましょう。また、温水洗浄便座は電化製品になりますので、水を使ったお手入れの際には、必ず電源をオフにしてから行なうようにして下さい。

床のお手入れ

床のお手入れ

床のお手入れは、まず、ペーパーモップや掃除機を使用し、落ちているゴミやホコリを取り除いて下さい。その上で、やわらかい布に中性洗剤を付けるか、使い捨ての掃除シートなどで拭くようにしましょう。便器と床の隙間に汚れが目立つことがありますので、使い古しの歯ブラシなどを使って優しく磨くようにしましょう。

ページトップへ