賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

ベランダ床や外壁のお手入れ



外部と接しているベランダは汚れの発生を防ぐことはなかなか難しいものです。ですから、大雨のあとなどは、そのつど、お手入れをすることが大切です。ここでは、アパート・賃貸マンションのベランダにおいて、汚れやすい外壁や床、排水溝、排気口などのお手入れ方法を紹介します。

ベランダの外壁や排気口のお手入れ

ベランダの外壁や排気口のお手入れ

雨が降ったあとなどは、ベランダの外壁の汚れが目立つようになってきます。それは雨水によって発生する泥汚れやシミ、カビですが、これらは早めの対応でキレイにすることができます。天気の良い日を選んで、日頃からお手入れをする習慣を身に付けておくことが大切です。

使用するのは台所用洗剤などの身の回り品で大丈夫ですが、しつこい汚れの場合は、専用のカビ取り剤や自動車用の洗剤などで、こすり洗いをする必要があります。この際、金ダワシなどで磨いてしまうとベランダの外壁に傷を付けてしまいますので、やわらかい素材のスポンジなどで強めに磨くようにしましょう。

また、室内から出る空気中の汚れなどを原因として、ベランダにある排気口は油汚れなどが目立つようになります。油がこびり付いてしまうとなかなか除去することが難しくなってしまいますので、できるだけ定期的に掃除をするようにしましょう。排気口を磨く際には、ハブラシやハケを使うのが良いでしょう。その際、キッチンなどで使用している中性洗剤を少量付けて磨きます。

ベランダ床のお手入れ

ベランダ床のお手入れ

ベランダ床の汚れを洗う際には、水を流しっぱなしにして、モップなどで勢いよく洗うことが良くあります。ただ、集合住宅の中には、水を流すことを禁止していることも多く、できれば避けた方が良いでしょう。ここでは、ベランダ床のお手入れ方法をご紹介します。

ゴミ掃除
床のお手入れはまず、落ちているゴミ類を掃除することから始めます。外から入って来た枯葉などもあれば、細かい糸くずなども落ちているはずですので、排水溝に流さず、チリ取りなどを使ってキレイにしましょう。
ぞうきん・モップで磨く
バケツに水を汲んで、ぞうきんやモップで磨きましょう。この際、部屋の窓側からスタートし、排水するために設けられた溝に向かって磨くようにします。床の面積にもよりますが、広ければ広い程、ぞうきん掛けは大変な作業になりますので、使い捨てのボロ布などを何枚も用意すると良いでしょう。
しつこい汚れは薬品を使う
泥による汚れやカビ、シミなどを取り除く際には、食器洗い用の中性洗剤などを使用します。やわらかいスポンジなどに中性洗剤を付けて、しつこい汚れに対しては強めに磨くようにして下さい。強酸性の薬品の場合、床面を傷めることもありますので、避けた方が良いでしょう。

排水溝のお手入れ

排水溝のお手入れ

ベランダで洗濯をしている場合、排水溝にはヘドロやゴミが堆積してしまいます。賃貸物件の場合、排水溝を共同で使用しているケースも多く、排水溝が詰まってしまうと隣近所からの苦情の要因になってしまう可能性がありますので、排水溝用の網やネットを取り付けてゴミをせき止めるなど、日頃から注意してお手入れすることが大切です。掃除の際は、使い古しのハブラシを使って堆積したゴミを取り除き、ビニール手袋をはめた手でゴミ箱に移していきます。排水溝の中にゴミを流してしまうことがないよう注意しましょう。

ページトップへ