賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

収納美人・掃除名人

収納美人・掃除名人TOPへ

リビング編

やっぱり気持ち良く暮らしたい。コツをおさえて、いつもさわやか快適なお部屋を維持しましょう。

フローリング

フローリング
米のとぎ汁を利用
フローリングは、普段はモップ掛けで十分です。しかしべとべとした感じが気になってきたら、米のとぎ汁でぞうきんを固く絞って拭きます。自然の洗浄力で汚れが落ち、ヌカの作用でツヤも出ます。
汚れがひどいなら、住居用洗剤で拭き、水拭きのあと乾かして樹脂系のワックスを塗ります。ワックスの塗り方は、部屋の奥から出口に向かって均一になるようにします。フローリングの材質を確かめ、洗剤やワックスの表示をよく読んでから、適切なものを選びましょう。
種類別・染み抜き方法

お手入れマニュアル

傷のお手入れと、ワックス掛け
イスやソファーの足で付けた傷や不注意のひっかき傷は、補修剤を塗り、布でこすってなじませてから、その上に保護液を塗りましょう。補修剤と保護液は、DIY店で売っています。
また、1〜2ヵ月に1度はワックスをかけましょう。市販のワックス剤を購入するときは、品質表示をよく見て、床材に合ったものを選びます。
ワックスは乾きが遅いとホコリが付いてしまうので、作業は晴れた日の午前中に開始するのが良いでしょう。
フローリング

絨毯・カーペット

月に1度の拭き掃除
普段の手入れは、表面のホコリやゴミを掃除機や粘着テープ付きのローラーなどでこまめに取るようにします。掃除機で吸い取りにくい髪の毛や糸クズなどは、タワシでかき出すと良いでしよう。
月に1度は、ぬるま湯で薄めた住宅用洗剤液で雑巾を固くしぼり、毛足に沿って汚れをこすり出すように拭き、次に毛足を起こすように反対方向に拭きます。
仕上げはカラ拭きしてよく乾かしましょう。取り外しが簡単ならば、裏返しにして外に干します。
種類別・染み抜き方法

お手入れマニュアル

タバコの焼け焦げ
軽いタバコの焼け焦げは、古歯ブラシでこすり落とします。穴が空いてしまったら、同色の毛糸を細かく切り、接着剤を穴に付けて毛糸を埋め込み、乾いたら表面をハサミでカットします。同色の毛糸がなければ、他の目立たない部分から切り取って使います。
絨毯・カーペット
家具の跡が付いたヘコミ
家具の跡が付いたヘコミは、その部分の毛足を硬めのブラシで立て、アイロンのスチームをあてます。
毛足がやわらかくなったら再度、ブラシで起こして作業を繰り返し、最後はドライヤーの冷風で乾かします。

畳は目に沿って掃除しましょう
普段の手入れは、ほうきや掃除機を掛けるだけで十分です。化学布巾は畳の表面に油が残り、ホコリを呼んでしまうので使用しないようにしましょう。
畳掃除は、畳を傷めないように目に沿って行なうことがポイントです。

お手入れマニュアル

ダニ予防
一般的にダニの発生は6〜10月、特に高温多湿の夏がピークと言われていますが、最近の住宅は気密性が高く、冬でも暖房などを使用するため、1年を通じて予防が必要です。
直射日光と湿気を避け、部屋の風通しを良くし、エサとなるフケやホコリを残さないようにこまめに掃除をします。畳の上にカーペットなどを重ね敷きする場合には、ダニがさらに繁殖しやすくなるので、念入りに掃除機を掛けるようにしましょう。
畳
結露
イグサでできた畳は、極端に水を嫌います。水分を吸収すると汚れが付きやすく、カビの原因にもなり早く傷みます。晴天の日に部屋の風通しを良くし、結露を予防しましょう。
また、畳の上にカーペットを敷くと、畳がむれてしまいますので注意が必要です。

タバコのヤニ
いつの間にか茶色っぽくなった壁は、タバコが原因。壁紙がビニールクロスの場合は、住居用洗剤を薄めたものをスポンジに含ませて軽く拭き、あとは水拭き、カラ拭きをします。

お手入れマニュアル

タバコのヤニ
喫煙場所を決め、換気を充分に行ないましょう。これだけで汚れの度合が随分違います。
リビングの壁
壁穴は、賃貸なら開けないこと
壁には、釘穴、ネジ穴など退去の際に補修費用がかかりますので、極力開けないようにしましょう。
壁穴を開けたくない場合は、突っ張り棒や鴨居などにひっかけるフックなどが市販されていますので、それを利用すると良いでしょう。
また、写真や絵はがきなどを飾りたいときには、コルクボードを壁に立て掛けて画鋲やピンで留めれば、壁を傷付けず見た目もきれいです。
結露
結露を防ぐには、晴天の日に窓や換気孔をあけて、押し入れや襖などを解放し、室内の風通しを良くすることが大切です。窓や壁、天井に水滴が付いた場合は乾いた布で速やかに拭き取り、できてしまったカビには、カビ取剤や塩素系漂白剤を水で薄めて拭き取ると効果的です。
タンスや棚などは壁から少し離して置き、押し入れは壁にダンボールを立てたり、すのこを敷くなどの工夫をします。台所の煮炊きや冬のストーブ、室内に洗濯物を干す場合は注意が必要です。エアコンや除湿機を上手に利用し、室内の湿度をコントロールしましょう。

照明

照明
最低限ココだけ磨けば、お部屋も明るい
かさの上のホコリをはたくだけでも、明るさが違います。安全のため電源を切り、外せるものは外して、かさの上も内部もホコリをはたきましょう。
プラスチックやアクリル製のシェードなら、ガラス用洗剤を布に付けて拭き取ります。

窓ガラス

1枚あたり1〜2分、ワイパーひと引き一気の早ワザ
窓ガラスを綺麗にするには、窓拭き専用ワイパー(ホームセンターで購入できます)がお勧めです。
雨の日のクルマのワイパーのように、汚れを洗浄液ごとキレ良く落とすので、カラ拭きもいらず、楽々です。スポンジが付いたタイプのものより、長さが30センチ以上ある水切り専用のものがキレが良いです。
  1. 手順1

    14リットルの水に家庭用の食器洗い洗剤30ミリリットルを入れます。

  2. 手順2

    2窓1枚に、1の洗浄液をまんべんなくスプレーします。

  3. 手順3

    3窓拭きワイパーはタテ方向に動かします。

  4. 手順4

    4ワイパーを古タオルでぬぐって、その前に拭いた部分と幅5センチくらい重ねて、また拭いていきます。

  5. 手順5

    5タテの列を拭き終えたら、一番下を真横にすっと引きます。四隅はボロ布でぬぐいます。水分が残っているようだったら、乾いたタオルで軽く拭きます。


天井

ストッキングのほうきで優しくなでます
ホコリは天井にも溜まります。はたけば部屋全体に飛び散って面倒なので、大きな傘を開いて逆さにして別の人に持ってもらい、ちり取り代わりに中にはたき落としましょう。
また、ほうきに不要になったストッキングをかぶせ、ゆっくりなでるようにしても良いでしょう。ナイロンの静電気でホコリが吸着され、舞い散りません。