賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

収納美人・掃除名人

収納美人・掃除名人TOPへ

水まわり編

こびり付き汚れには「洗剤染みこませ術」が効果的です。
また、汚れや場所に合わせた洗剤や磨き方を選ぶのがコツです。

バス

バス
頑固な湯アカは洗剤湿布でふやかしてから
こびり付いた湯アカも洗剤をよく浸透させて取りましょう。泡タイプの洗剤がなければ、汚れにそってバス用洗剤を吹き付け、ティッシュで湿布します。しばらく置いて汚れを浮かせ、スポンジでこすって水で洗い流します。ユニット式のバスなら壁もこの方法でOK。
でもタイルの壁や床に付いたしつこい汚れは、クリームクレンザーを使います。石けん受けや小物類は、古い爪ブラシや美容タオルを利用すると良いでしょう。細かいところにも力が入り、洗いやすくなります。
シャワーの最後に、壁や浴槽全体にも水を掛けておきましょう。それだけで、体から出たタンパク質や石けんのカスを洗い流せます。
そして、換気扇を最低2時間まわして湿気も取っておくこと。ひと手間掛ける習慣が、ユニットバスにカビを発生させません。

お手入れマニュアル

入浴直後のお手入れ
浴槽の手入れは入浴直後が最適です。お湯が冷めると汚れが固まって浴槽の縁や水位線にこびり付いてしまうので、入浴直後のお湯を抜いている間の温かいうちに、スポンジやブラシで浴槽をこすって汚れを落としてしまうのがポイントです。
あとはシャワーを使ってサッと流しておきましょう。
バス
カビ対策
浴室は最も湿気の多い場所です。カビはもちろんのこと、他の部屋の結露にも繋がりますので、入浴中の浴室の出入りは速やかに行ないます。
入浴後は必ず浴槽に蓋をして、壁や床にシャワーで水を掛けてから、乾いたタオルで拭き取っておくとカビが発生しにくくなります。入浴中や入浴後はもちろんのこと、日中も換気扇や窓を開けておきましょう。
カビが生えてしまったら、市販のカビ取り剤を使用します。カビ取り剤の中にはキケンな薬品もありますので、使用上の注意をよく読んでから使用して下さい。

洗面台

洗面台
洗面ボウルや蛇口は練り歯磨きでさわやかに
週に1度は浴室用洗剤かクリームクレンザーを使って、洗面所全体を掃除しましょう。しつこい汚れや黒ずみには石けんを濡らして塗り、目の細かい耐水性のサンドペーパーで円を描くように軽くこすります。水道の蛇口回りは、古歯ブラシを使うことが効果的です。
蛇口のくもり取りやボウル磨きは、練り歯磨きで。乾いたボロ布に練り歯磨きを付けてこすり、洗い流してカラ拭きします。
ヌルヌルしやすい蛇口のつけ根や裏側は、古ストッキングやナイロンの美容タオルを巻き付け、交差させると良いでしょう。裏側の見えにくい部分は古歯ブラシでこすります。

お手入れマニュアル

洗面台のお手入れ
時間が経つほど汚れが落ちにくくなるので、普段は使う度に乾いた雑巾やティッシュペーパーで水気を拭き取っておくのがポイントです。
そうすれば、毛髪や石けんなどの細かなゴミを片付ける習慣ができて配水管を詰まらせることもありません。
洗面台
鏡のお手入れ
鏡の汚れは水で浸した新聞紙で拭くか、ガラスクリーナーで磨きましょう。
薄めた台所用洗剤をスポンジに付けて表面に塗ると皮膜ができて、くもり止めになります。

トイレ

トイレ
便座は住居用洗剤で拭くとすっきり
尿がはねやすいのは便座のちょうつがいの辺り。割りばしにボロ布をまいて輪ゴムで留めた物に、消毒用アルコールを付けて拭きます。便座やフタは住居用の洗剤を薄めた液で拭きましょう。トイレ用洗剤は便器の中の黄ばみや輪ジミに効果的です。トイレットペーパーを敷き詰めた上にかけて数時間置いてから、ブラシでこすります。
便器に出た黒カビはブラッシングで落とせますが、これはタンクの中で発生するので、もとを絶つのが一番です。タンクの水に台所用漂白剤を入れて30分ほどおいて下さい。
ただし、トイレの酸性洗剤と塩素系漂白剤を混ぜると有毒ガスが発生するので、同時に使わないように気を付けましょう。

お手入れマニュアル

ニオイ対策
トイレの悪臭は困りもの。まず原因を突き止めてニオイのもとを断ちましょう。見えにくい所の汚れや水洗いタンクの内側の汚れ、便座カバーやマットなども長期間洗わずに使っていると湿っぽくなりニオイの発生源になります。
ニオイのもとを断ち切ったそのあとで、消臭スプレーや芳香剤を使用することがポイントです。
トイレ